書評:コーヒーと恋愛 獅子文六(1963)

コーヒー
まだテレビが新しかった頃、お茶の間の人気女優 坂井モエ子43歳はコーヒーを淹れさせればピカイチ。そのコーヒーが縁で演劇に情熱を注ぐベンちゃんと仲睦まじい生活が続くはずが、突然“生活革命”を宣言し若い女優の元へ去ってしまう。悲嘆に暮れるモエ子はコーヒー愛好家の友人に相談…ドタバタ劇が始まる。昭和を生きた小説家獅子文六による人間味溢れる人々が織りなす軽妙な恋愛ユーモア小説。

久しぶりの恋愛小説/コーヒーと恋愛

天気もすぐれないし、コーヒーを飲みながら、久しぶりに小説を読んだ。50年以上昔の作品。獅子文六の「コーヒーと恋愛」。何気なく眺めていた珈琲屋さんのインスタで紹介されてた作品。紹介元のアドレスは分からなくなっちゃったんだけど、見つけたら貼っておきます。結論から言うと、とても面白かった。年上の恋人(といっても8歳くらい)との関係性や妙齢女子の懊悩、紳士なハイスペック男子(地主様)との関係性におけるモヤモヤや、珈琲を愛するインテリメンバーの集まり「可否会(珈琲会をもじってる)」のやりとりもリアルで。なんだかすべてが古くて新しい、ウィットに富んだ内容だった。学生時代に読んでも楽しめなかっただろうな。男女ともに、年上とも年下とも経験を積んでからこそ、楽しめる作品かもしれない。

インテリ愛好家あるある。大人の恋。年下のダメ男と大人の女性。

特に面白いのが、インテリ珈琲愛好家の集まり「可否会」の面々。主人公含めそこには4人のメンバーがいるんだけれど、皆それぞれのこだわり様。特に会長である素封家の紳士は茶道に倣って珈琲道(作品の中では可否道)を確立しようと考えるほどのこだわり。サウナ界隈でもいるよね、こういう、こだわりが強い人。各サウナーのTwitterアカウントが目に浮かぶようで面白い笑 日本人てのは古来から凝り性でこだわりが強いんですね。だからこそ趣味を道にまで昇華させることができた。50年前も100年前も変わらないんだなぁ、と。どこの世界にもこういう素人愛好家の小競り合いや、こだわりのぶつかりってのはあるもんなんですな。それも含めて文化ということで。
そして何より大人の恋、束縛のない自由恋愛というのは昔からあったようで、主人公と年下の男との恋がまさにこれなんですが、この年下男性は扶養されてるにも関わらず、年若い舞台女優に入れ込むわけですな。まぁよくある話っちゃよくある話。主人公は最初これを大人の余裕で躱すわけなんですが、やっぱり女は女なんですよね。奥底に眠っていた激情に気づいて、怒りと悲しみに暮れるわけです。この辺りは本当にリアルだと思います。人間だもの。誰でも自分だけを見て欲しい。誠実に。素直なことだけが誠実ではないし、心のうちをすべて開くことが誠実ではないけれど。結局物分かりのいい大人の恋なんて存在しないんじゃないかなって思う。恋は激情ですよ、きっといつの時代も、歳若かろうと、壮年であろうと、老年であろうと。

コーヒーとは何かの暗喩であるのか。

その後、主人公は色んな人から言い寄られるわけですが、それはコーヒーをいれる天賦の才能の故であって、主人公そのものを見てのことではない、ということにもどかしさと怒りを感じ、新しい自分の人生を選ぶ訳です。本作品ではあくまでも珈琲にスポットライトを当てて、それを題材に物語が展開されますが、珈琲は何かのメタファー(暗喩)なんじゃないかなって思う。恋愛における駆け引きやテクニック、やらせるやらせない問題、おごるおごらない問題、スペックと結婚願望、キャリアの悩み、浮気や不倫、片思い…みたいな様々な懊悩があるわけで。それを「珈琲を入れる才能」と入れ替えるとどれもしっくりくるんですよね。特に「やらせるやらせない問題」なんかで日々モヤモヤする男女は多くいらっしゃるわけです。Twitter界隈でもモテ・非モテ、結婚、セフレ、浮気、なんてことに悩んでいる方々をよく見かけます。ただ本質的には根っこが全部同じような気がするんですよね。今回の作品ではそこが珈琲をネタにして語られている訳ですが、結局「本当に相手そのものを理解しようと努め、お互いの気持ちに対して誠実であろうとし、寄り添おうと思っているかどうか。」「自分ありき、自己中心的な自分にとってのメリット・デメリットで比較、判断するのではなく、相手に寄り添えるかどうか。」合理的判断のもと、自己利益を追求するだけだと不誠実な付き合い方に振れやすいし、いつまでも心の安定を得られないような気がするんですよね。お互いに相手の事情や気持ちに寄り添える、そんな関係を築くことができれば、こんなに素晴らしいことはない訳です。相手あっての自分であって、例え自己崩壊のリスクを犯してでも、自分の大切な部分を相手に託す。ここに「恋愛の醍醐味、人生の価値」があるような気がしています。そしてそういう覚悟ができる男性・女性は結局恋愛で苦労していない気がしますね。ちゃんと自分の足で立って、振り回されずに判断できてる。そういう人は魅力的なんだよな。そんなことを思いました。

サウナとコーヒーと恋愛の共通項。

サウナにしてもコーヒーにしても恋愛にしても、とても中毒性が高くて、側にあると精神の安らぎも気持ちの昂りも与えてくれるものです。依存しすぎは危険ですが、いずれも違法じゃないし、人生を豊かにしてくれるものだと確信しています。全然作品の内容や魅力が伝わった感じはしないけど、とても面白い作品ですので、気が向けば是非とも珈琲片手に、読んでみてください。

本日の文学作品
コーヒーと恋愛 獅子文六 https://amzn.to/3gS7Tn9(1963年初刊、2013年新装版刊)