表参道と赤坂見附とエモサウナ:サウナリゾートオリエンタル

夕暮れの表参道
表参道と赤坂見附を行ったり来たりした、あの夏の日。
エモサウナ
時に人は自分のことを試してみたくて、とても非常識なことや自己中心的なことばかりしてしまう。あれは、秋を感じる夏の終わり。表参道と赤坂見附を行ったり来たりした、ずっと昔の物語。今の僕ならどうしていたんだろう。どんな言葉をかけるだろう、彼女たちに対して。
表参道のブランド通り。残暑厳しい夏の終わり。アイスコーヒーと小洒落たお蕎麦屋さん。

まだ残暑の残る表参道。仕事の途中、入ったカフェで僕はひとりアイスコーヒーを飲んでいた。外はまだうだるような暑さ。印象をよくしようと意地をはってネクタイを締めてジャケットを律儀にきた僕は、さすがの暑さにうんざりしてた。彼女はクールに涼しげな格好で、仕事なのか少し野暮ったいラップトップをテーブルに置いて、一心不乱にキーボードを叩いてた。いかにも仕事ができそうな感じ。メールかチャットでのやりとりにひと段落したのか、隣の僕とふと目があって、「暑くないですか、その格好?」おどけたような、少し同情するような目で。「古い体質の会社員なんで。」なんて言い訳しながら、素敵な彼女との会話は楽しくて、「この後この辺で食事しませんか?日が落ちて、少し涼しくなった頃に」なんて言って別れた。仕事を段取りよく済ませて、軽井沢に本店のある蕎麦屋に集合したのが18:30過ぎ。少し薄暗くなり始めて、ひぐらしが鳴いてたような気がする。

少し冷たい印象の端正な顔立ちでありながら、どこか母性を感じさせるひと。

彼女は人材系の会社に勤めるキャリアウーマンで、今日はちょうど仕事が落ち着いたところだったそうで。年齢は直接聞けなかったけど、僕と同じか、少し上。もしかすると30は余裕で超えていたのかもしれない。秘書タイプというか、人によっては少し冷たい印象を受けるかもしれない端正な顔立ちで。ただ話してみると時々出る言葉のイントネーションのせいだろうか、思いやりと母性を感じさせる女性だった。食事もひと通り済んで、彼女は焼酎の水割りを、僕は運ばれてきたデザートと一緒にコーヒーを飲んでいた時だったと思う。「どうして今日は誘ってくれたの?」なんて、僕の目をまっすぐ見ながら聞いてきて。「素敵なひとだったからだよ」って、素直に答えて。お会計を済ませると、そのまま二人でタクシーに乗っていた。

赤坂見附での不思議な一夜と、さよならも言わない別れ:サウナリゾートオリエンタル

赤坂見附まで走らせて、到着したのはセンチュリオンホテルグランド赤坂。宿泊者はサウナ利用も自由だし、水風呂は2種類(16度と9度)。2019年リニューアル後はクオリティの高さで有名なサウナが併設されてる。この時はリニューアル前だったけれど。彼女はやっぱり、その端正な顔立ちの印象とは反対に、とても優しい、思いやりのある、柔らかな女性だった。夜だか朝だかわからない時間、帰り支度をする彼女の物音にふと目覚めると「ごめんなさい。私、帰らなきゃ。ありがとう。」とだけ言って、行ってしまった。あれは、一体何時くらいだったんだろう。僕は回らない頭を抱えてそのまま、眠りについた。この時、無理やりにでも起きれていれば、また違ったのかもしれない。翌朝、部屋のテーブルには律儀に宿泊代の半分が置いてあった。

現実感のない土曜の午後、再び表参道。そういえば、昔イメージしていた「東京」ってこういう感じだったな。

10:00過ぎに起き出して、夢でも観てたのかなと思って携帯をおもむろに開くと、そうか今日は土曜日だったのか、ここ最近よく会ってたひとからLINEが入ってた。「今日何してるの?」僕は「飲み会のまま帰れなくなって赤坂に泊まってるよ、くる?」とだけ送信して、コーヒーをいれながら昨晩のことを考えてた。彼女にはあんまり詮索しない方がいい事情が、きっとあるんだろう。少しだけ寂しい気持ちになったけど、「今からいくわ。」ってすぐに返ってきたLINEを確認すると、その寂しい気持ちはすぐにどこかへと消えてしまった。しばらくして、エントランスまで迎えに行くと、細めのデニムにラルフローレンの白シャツをしっかり決めた彼女が颯爽とやってきて。さすが丸の内勤務の受付嬢ともなると、休日も隙がないんだな。こちとら昨日から同じシャツだっていうのに。「どうせ一人で泊まった訳じゃないんでしょう?まったくもう。ほんと信じられないひと…。」あきれ顔の彼女をなだめて、部屋に戻って「ほんっと信じられない」って、また繰り返す彼女を、抱いた。シャワーを軽く浴びて、タクシーを捕まえて、表参道へ。昨日のカフェも蕎麦屋も通り過ぎ、AOビル5FのTWO ROOMSへ。いつもより少しだけ豪勢なブランチをゆっくりと2人で。空は抜けるほど青くて、新宿の高層ビルや、明治神宮の緑が眩しかった。なんだか「東京」って感じがした。僕はどこに向かっているんだろう。変な高揚感を感じながら、寝不足のせいだったのだろうか、少し現実感のない土曜の午後。素敵な2人の女性を想いながら、僕はとても大切な何かを見失ってるような気がした。

本日のエモサウナ
赤坂見附 サウナリゾートオリエンタル https://sauna-oriental.com
川上庵 https://www.kawakamian.com/shops/aoyama.php
TWO ROOMS https://tworooms.jp