雨上がり、新宿の朝とエモサウナ:東京駅発テルマー湯着

雨上がりのひまわり
雨上がりの新宿、スタバの朝食
エモサウナ
新緑の眩しさと少し肌寒さを感じさせる雨。春と夏との境界が曖昧な季節。雨上がりの青い空と濡れたアスファルトの匂いに思い出すのは、人生の登り坂を駆け上がっていくような、眩しいほどの笑顔が印象的な彼女のこと。
東京駅のスターバックスコーヒー。夏のひまわりが似合うひと。

就職活動。不思議な慣習だ。新卒の学生が同じようなリクルートスーツを着込んで、会社説明会、WEB試験、グループワーク&面接、筆記試験、最終面接…と選考されて内定を勝ち取る。採用時期でさえ世相に応じて翻弄される。昨今ではWEB面接さえ導入されているらしい。僕が彼女と出会った当時は、4ー5月頃に面接が本格化して夏前には就職活動が終わる、そんな時期だった。僕は既に社会人で、学生気分なんかもうなくて、大分慣れてきた日本でのワークをこなしながら、東京駅で海外顧客と待ち合わせ。時間調整にスタバのアイスコーヒーを飲んでると、フライトの都合で少し遅れるとの連絡。まぁフライトが遅延していることは僕も把握していたし、彼の国のVIPに1h程度待たされるなんてのは、慣れたものだ。スマホでTwitterでも開こうとしていたその時、「日本人の方、ですよね?」と声をかけてくれたのが、彼女だった。
聞いてみると彼女は就職活動中で、総合商社の一次面接を受けてきたところだと言う。電話での内容を盗み聞きしていたようで、海外顧客とやりとりしてた駐在帰りの僕に興味を持ったらしい。話してみると、とても優秀な学生で、コミュニケーション能力も高い。真夏の向日葵を思わせる、すらっと健康的な美人で、笑顔がとても印象的。きっとこの子は合格するなと思いながら、たわいもない雑談をしばらくして。就職先が決まったら、ちゃんと報告しますって、連絡先を教えてくれた。

就職内定のお祝いと、夏を感じさせる雨上がり。

梅雨空に入る前の、蒸し暑い頃だったろうか。「第一志望に無事決まりました、お祝いしてください。」と彼女から連絡がきた。僕は若者特有の厚かましさに少し面食らいながらも、すぐに表参道のビストロを予約して、夕方駅で待ち合わせた。今度気楽な接待に使おうかなと思っていた店で、比較的リーズナブルだけど、お洒落でおいしいと評判の店。彼女はリクルートスーツとは違う、少し大人びた服装で。約束の時間、きっかり5分前。ちゃんとしてるのか、奔放なのかよく分からない不思議な子だなと思いながら。就職活動のこと、学生生活のこと、家族のこと、海外での生活のこと、バイトのこと、恋愛のこと。話してみると、とても気さくないい子で。少し仕事にも東京にも慣れてきて、社会人として擦れ始めていた僕に初心を思い出させてくれて、とても新鮮だったのを覚えてる。

雨上がりの新宿とスタバでのモーニング。ひとり静かにテルマー湯。

それから時々ご飯に行くようになって、お互いを知っていって。少し大人な僕は、きっと彼女にとって、ちょうどいいお兄さんみたいな感じだったのかな、と思う。新宿からそれぞれ職場と学校に向かう朝、当時スタバでバイトしてた彼女は、いつもコーヒーとワッフルを社員割引で御馳走してくれた。梅雨が明けて夏に向かうこの季節、雨上がりの青い空とスタバの朝食を不思議といつも思い出す。最終学年の彼女は単位の都合もあって、毎回ちゃんと学校に向かっていたけれど、僕はひとり午前休をとって、テルマー湯のサウナと水風呂を決めてから、ゆっくり出勤してたのも、今となってはいい思い出。

どんどん魅力的になっていく彼女は、きっと今も元気に活躍してる。

そんな彼女も新社会人になり、お互いの仕事もプライベートも忙しくなって、連絡を取らなくなってから、もう久しい。きっと今も期待の若手として活躍していることだろう。社会人になってからも、どんどん魅力的になっていった彼女の活躍を、僕は今でも祈ってる。きっと色んな苦労や挫折もあるに違いないけど、それ以上の成功を掴み取って、夏場に急成長する向日葵みたいに、伸びやかに突き抜けている姿が目に浮かぶ。僕も頑張らないとね。

本日のエモサウナ
新宿 テルマー湯 http://thermae-yu.jp