2月のサウナ活動について:コロナ本格化、素人熱波師体験会参加

サウナ

2020年も2月です。今日はもう3月も下旬だから、ちょっと時間経ってますけど。
コロナ騒動が本格化したのが2月下旬頃。
3月にはもう完全に自粛モードだったけど、2月はまだそうでもなかった印象。

という訳で2月は24回サウナいきました。
ホームサウナの満天の湯が一番多いですね。
あんまり新規サウナはなくて、日常的にサウナ行ってた感じ。

初訪問は中目黒の光明泉
おしゃれな街中目黒の底力を感じさせる銭湯系サウナ。
最近コーヒーにもハマってて、スタバのロースタリーに行きました。

なんせお洒落で、コーヒーカクテルも美味。

その帰り道に寄ったのが光明泉。
おしゃれサウナでありながら、露天の炭酸泉やしっかりした水風呂など
ツボを押さえた仕様でした。
おしゃれなだけでなく、ちょっとした落ち着き感もある街中目黒。
銭湯のすぐ隣にはおしゃれな雑貨屋&カフェもあって、食事も美味しい。
こんなところに住んでたらめちゃくちゃモテる。間違いない。

熱波師イベント初体験
ホームサウナの満天の湯が1月にサウナイキタイでの投稿1000サ活を突破。
これを記念して一般参加の熱波師による熱波イベントが行われたので参加しました。

普段は仰がれる側のサウナーが仰ぐ側を担当するってイベント。
満天の湯ではタオルじゃなくて、うちわで仰ぐスタイル。
いつか仰いでみたいなぁと思ってたので、ナイスタイミングのイベントでした。

ロウリュの香りは話題のほうじ茶。
意外にも結構甘い香りでナイス。
なんだか懐かしさも感じさせるロウリュ。

ここのサウナはお客さんもアットホームで暖かく迎える雰囲気があって良い。
いいサウナにはいい常連客がついてんだよね。
そして、ここの熱波は初心者から上級者まで楽しめる熱波なのが特徴。
ともすると、熱波の押し売りみたいな暑苦しい系熱波もあるんだけど、
実際のスーパー銭湯の客層はそういう人ばっかりじゃないんだよね。
ファミリーや、普通のおじさん、普通の若者が80%で、コアなストイック系サウナーは一部だけってのが現実。

そういうスタンスで運営している施設には、密かに好感がモテるし、
裾野を広げる意味ではとても大切な存在だと思ってる。

小乗仏教より大乗仏教支持みたいな感じかな。
あんまりカッコつけずにサウナを日常としていくのにはこういうナイス施設の存在が欠かせないんだよね。
そういう意味で僕は満天の湯がもっと好きになりました。
とてもナイスな体験をありがとう。

コロナで自粛モードへ
そんな2月も終わりを告げるとコロナウイルスで世の中は一挙に自粛モードへ。
これは長引きそうだよね。
僕も当初は楽観してたけど、日経平均が2万円になったタイミングで、
全資産の現金化を断行。
大怪我せずに済みましたけど、経済の先行きは不安ばかり。

とはいえ、いつまでも自粛は続かないし、投資チャンスを探り始めたところ。
しばらく長引きそうですね。

ただサウナ通いは辞められなそう。
対外的にはサウナ禁止してますと言いながら、
こっそりソロで通っています。
風評被害を避けなきゃいけないからね。

こういう時期だからこそ、自分にとって本当に大切なものは何か
見直すタイミングだし、人生に欠かせないものが見えてくる。

さぁ今日はどこのサウナ行こうかな!