4月のサウナ活動について/コロナショックで自粛

サウナイキタイ 2020.4
初めて1ヶ月0サウナ。緊急事態である。
サウナ
2020年4月。史上初の緊急事態宣言とサウナ。

2020年も4カ月が過ぎました。コロナのおかげでサウナに行けてません。2020年4月は初めての0サウナです。緊急事態。在宅勤務は慣れてきたけど、サウナいけないのはストレスです。3月後半から自粛モードだったけど、4月は外出も控えて、電車にも乗らず、外出も必要最低限。最近はサウナ行けないんで、「一年前の今日」のサウナイキタイ投稿を見てるんだけど、2019年は4月から5月GWにかけてサウナ三昧だったみたいで、余計身にしみる。月20回以上のサウナ訪問が今月は0。日常が変わってしまった。

サウナ施設応援企画。

ホームサウナの満天の湯も緊急事態宣言に合わせて自粛休業してしまった。結構施設としては打撃を受けるみたいで、ちょうど立ち上がったサウナイキタイ の施設応援企画に参加してみた。「満天の湯」のステッカー&Tシャツを購入したのと、いつかいきたいと思ってる「The Sauna」のPC壁紙。コロナ騒動が落ち着いたら、心置きなくサウナを楽しみたいなと思って、ちょっと割高だなーと思いながらも参加しました。詳しくは以下をどうぞ。継続的支援になるみたい。まずは自分も生き残らなきゃ行けないけどね。
サウナイキタイの施設支援企画に乗っかった。心の整理して乗っかるまでに気づいたら2週間経ってた話。

サウナ禁断症状をなんとか抑制する。

4月上旬くらいかな?サウナ行けないもんだから禁断症状が出てきて辛い状況になりました。足裏がムズムズする感じがしたり、イライラしやすくなったり苦笑 これはマズいなと思って導入したのが、薬湯と水シャワーの交互浴による擬似サウナ体験。気持ちだけでも相模健康センターにと思って救養草(温浴剤)を投入したり。水シャワーは全身浴びると少し寒く感じるので、頭、首、ワキ、股関節と血流の集中するところだけを最初は冷やしていくのがポイント。草加健康センターの通販で餃子とトマトサンラーメン買って食べつつ、締めにマッチのヤクルト割りをごくごくと飲む。食後はベランダで外気浴。これを週2回くらいやるようになってから禁断症状は治まって、だいぶ楽になった。薬湯のお勧めやサウナドリンクのレシピなんかは以下からどうぞ。
https://torotoro-totonou.com/archives/薬湯のあるナイスサウナ6選.html

緊急事態宣言後を考えながらStay Home。

4月と5月はホントにずっと家にいる。テレワークでWEB会議や諸調整も(大変だけど)なんとかこなせるし寧ろ忙しいくらい。朝の通勤がなくなって、ゆっくり寝られるのはナイス。この状態で今まで通りサウナに行ければ最高なんだけどな…。そういえばコロナウイルスの流行が収まったアフターコロナの世界について、だいぶ前にまとめてたサウナブームの俯瞰図と一緒に投稿したら結構反応がありました。こんな時期だけどイライラせずに楽しく生きていきたいですね。しかしサウナブームが高まりつつあるタイミングでのコロナショックは界隈には逆風。もしかすると、外出を控える暮らしに皆慣れて、自宅での交互浴で充分だ、みたいな価値変容が起こって、以前のように温浴施設へ通う人口も減ってしまうかもしれない。逆に僕はサウナがある日常のありがたみ、大切さを切実に感じた2ヶ月だった。以前と同じような日常が戻るには時間がかかるだろうけれど、一日も早くサウナの暖かさに包まれたいなって思ってる。コロナは収束していいけど、ブームは収束せずにサウナ界隈が発展してくといいな。なんせ、僕は早くサウナに行きたいです。