GOTO使ってカンデオホテルズ東京新橋のサウナに行った話。

カンデオホテルのスカイスパ GOTOキャンペーン
GOTO使って都心のビジネスホテル系サウナへ/カンデオホテルズ東京新橋

GOTOキャンペーンが都内に適用されて1ヶ月半。コロナ感染者も増え続けてるし、3密さけたサウナを求めて都内のビジネスホテル系サウナへ。今回は初訪問のカンデオホテルズ。ドーミーインやセンチュリオンホテルに比べて知名度は劣るんだけど、サウナにこだわるビジネスホテルとして注目。六本木と新橋に行きたいと以前から思っていたけど、今回は仕事の都合と金額の都合もあって新橋に。ビジネスホテルとしてはアパホテルとかドーミーインに比べて少し高めの値段設定。今回は定価10,450円が、一休割引▲520円、GOTO割引▲3,657円、地域共通クーポン2,000円ついて、実質負担4,273円で宿泊。最安値設定日ではなかったけれど、GOTOないと少しハードル高いかなって印象。

サウナは88度、水風呂18度、新橋エリアで外気浴可能な貴重なサウナ。

ビジネスホテルとしては、場所柄がっつりサラリーマン向けかと思ったら、割と華やかな内装で、カップル利用とかも多いのかも。もちろんビジネスマンっぽい人も多いんだけど、派手目のカップルが多かったかも。場所柄飲み屋さんも多いしね。まぁたまたまかも知れんけど笑 フロントと食堂が12Fにあるのも印象的。一度上がって、部屋行くには降りるみたいな構造。チェックインして早速最上階にある大浴場へ。サウナは4人入れるこじんまりとしたドライサウナで88度。外部が見通せる窓付き。ジャズ調のBGMが流れつつ、静かに入れる。湿度が低いせいか体温上昇はゆっくりな感じ。水風呂は18度くらいの1人用。水底のタイルが青くて綺麗。特筆すべきは露天エリアかな。東京新橋の真ん中で外気浴ができるのは貴重。ちゃんと椅子が2脚設置してあって、ゆっくりできる。ただこの外気浴の本領発揮を体感したければ、やはり朝サウナである。東の空に昇る朝日を受けながらの外気浴や露天風呂が秀逸。夜よりも空気が澄んでいて、見上げれば抜けるような青空。これから冬に向けての季節に、ここの朝外気浴は推せる。すっきりした気分で仕事に向かえること間違いなし。

ビジネスホテルとして新橋駅周辺に来るならここか。俺のイタリアンが目印。

単純なサウナや水風呂セッティングでは、すぐ近くの名店アスティルに足が向いてしまうかも知れない。しかし出張時のビジネスホテルやカップルで過ごすホテルとして捉えた時には貴重な選択肢。銀座界隈やコリドー街からの流れてくるのも、ありだろう。1Fの俺のイタリアンで軽く乾杯して、そのままホテルっていうコースも成立するという意味では貴重なサウナ付ホテル。夜のサウナは逃しても翌朝ゆっくりと朝サウナを決める時、きっとこの世界に生まれてきた喜びを、全身で感じることができるだろう。初訪問のカンデオホテルズ。ビジネスユースやカップルユースに良さそうな印象。今度は六本木店も泊まってみたい。

カンデオホテルズ東京新橋 GOTO利用で実質負担3,894円~!?サウナ88度、水風呂18度